1日に必要な水の量は?家庭にぴったりのウォーターサーバーを選ぼう!

こんにちは!
今日、お話するのは「水の備蓄」について。

水は生命の源というように、
どんな時でも私たちにとって水は必要不可欠なものです。

災害などが起きた時、
1番はじめに確保するものとして「水」を考える方も多いのではないでしょうか?

水は1日にどれくらい必要?

私たちに必要な水の量とは一体どれくらいなのでしょうか?
一般的には、体重×1kg当たりの必要水分量(ml)で知ることができます。

新生児 50〜120ml
乳児  120〜150ml
幼児  90〜100ml
学童  60〜80ml
成人  50ml
老人  40ml

例)
体重3kgの赤ちゃんの場合
3kg×50ml=150ml は、最低必要になります。

体重50kgの大人の場合
50×50ml=2,500ml つまり2.5リットルは必要になります。

 

よく1日あたり3リットルのお水が必要とありますが、成人60kgの方で最低その量が必要という意味で表記されています。

また、大規模な地震などが起きた時には、水の復旧までに時間を必要とする場合があるので、その分、水の備蓄が求められます。

例)4人家族(成人2人、子供2人)の場合
大人(60kg)×50ml × 2人分 = 6リットル
子供(20kg)×80ml × 2人分 = 3.2リットル

(6リットル+3.2リットル)×3日分=27.6リットル

 

4人家族が3日間に必要な水の量が27.6リットルということ。
想像していたよりも多く感じる方も多いかもしれませんね…
あなたの家族の人数、体重に合わせて、1度計算してみましょう!
シュミレーションがとても大切です!

 

>>非常時でも使えるウォーターサーバーを選びましょう!

関連記事

非常時にも使えるウォーターサーバーはどこ?ウォーターサーバー会社の比較。