子どもを守りたい!その気持ちから、このサイトが生まれました。

『子どもを守るための防災サイト』にお越し頂きありがとうございます。
このサイトは「もしもの災害が起こった時」子どもを守るために、お父さんとお母さんは何を備えておけばよいのか?という情報を提供しています。

このサイトを立ち上げたきっかけ

このサイトにたどりついたあなたは、
「もし、大きな地震があったらどうしよう?」
「一体何を準備したらいいの?」
「子どもがいるから不安だな…」
そんな気持ちで情報を集められていたのかもしれませんね…

 

このサイトを管理している私自身、
今年4歳になる息子がひとりいます。
シングルマザーとして、子育ての真っ最中です。

 

東日本大震災、そして、熊本地震を経て、
いつ起こるか分からない大地震や自然災害のニュースを見るたびに、
「私は非常時に子どもをちゃんと守れるのだろうか…」と、不安が頭をよぎります。

 

何もないことをもちろん祈りますが、
何も知らないで辛い思いをするくらいなら、
今日から出来ることをひとつでもやってみて、
「もしもの時をきちんと乗り越える力を身につけたい!」
「大切な子どもを守りたい!」と思い、
勉強をはじめ、このサイトを立ち上げました。

 

震災に遭われた方の声を聞いていると、
命が助かった後、長く続く避難所生活の際に、
必要な物資が手元にないことで生じるストレス。
「備えておけばよかった」という後悔が辛かったと聞きました。

 

一緒にいる子どもも不安でいっぱいだからこそ、
自分の心が抱えるストレスを少しでも減らしておくことで、
子どもに心から寄り添う余裕が生まれたり、
一緒に乗り越えていく力が湧いてくるのではないでしょうか?

 

今回、勉強する中で、
当たり前にある、有り難い暮らしの中に、
「ちょっとした工夫」を取り入れることで、
もしもの時の「備え」につながることを知りました。

 

私自身も素人であり、初心者です。
だからこそ、分からないこと「これは大事だ!」と思ったことを、
素直な気持ちで書いています。

 

このサイトを通して、
「防災を考えるきっかけ」になり、
何かが起こることは、もちろんあってほしくないのですが、
「準備していてよかった!」と、思えるように。
そして、何よりも大切な子どもを守るために、
情報発信をしていきたいと思います。

 

ぜひ、ブックマークして頂き、何度も読んでみてください。
一緒に勉強していきましょう。そして、備えましょう!

 

『子どもを守るための防災サイト』にお越し頂き、ありがとうございます。 今日のお話は、2011年から今に至るまで「もしもの時」を意識して、持ち歩...

 

(注意事項)
当サイトのコンテンツに関しては、管理人が実際にサイトを比較し、「これは使えそう!」と感じたものを紹介しています。

備蓄、非常食、アイテムの商品名・価格に関しては記事作成時のものになっています、最新の情報は、メーカーまた販売店・オンラインショップ等に直接ご確認ください。

情報に関しては、間違いのないように気をつけておりますが、何かお気づきの際には、ご一報頂けますと幸いです。

関連記事

震災のあと、東京で働いていた私が持ち歩いていた3つのアイテムとは?

子どもが生まれて変わった防災意識と、家庭ではじめる備蓄について。